ピロリ菌や虫歯を撃退

マヌカハニー



マヌカハニーの殺菌効果

殺菌効果

マヌカハニーは非常に高い殺菌効果を持った蜂蜜です。通常の蜂蜜は生物の体内で殺菌作用を失ってしまいますが、これは体内でも作用する効果を持ち、抗菌物質MGO(食用メチルグリオキサール)を含んだ世界でも稀に見る特別な蜂蜜です。MGOとはマヌカの花の中で生合成される物質で、蜂蜜になってもマヌカハニーには含まれています。元々の蜂蜜の殺菌効果は高いことで知られていますが、その中でもMGOを豊富に含むマヌカハニーは、奇跡の蜂蜜と呼ばれ、世界の中でも特別な蜂蜜として愛用されています。体内に摂取されたマヌカハニーは、その効果を如何なく発揮し、免疫力の強化などに効果を表すと言われています。


ピロリ菌を撃退

高い殺菌効果を持つマヌカハニーは、体内に摂取されても失われることのないその効果で様々な効果を得ることが出来ます。代表的なものでは、ピロリ菌殺菌効果などがあります。ピロリ菌とは胃の内部に住み着き、胃壁などを破壊する細菌とされています。胃壁を破壊するだけならいいのですが、恐ろしいのは、萎縮性胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの原因になっているという点にあります。食生活の乱れやストレスなどが原因で胃潰瘍や胃がんなどになることもありますが、ピロリ菌を原因とした胃がんや胃潰瘍も多くあります。このピロリ菌を退治するためには薬が必要ですが、マヌカハニーを食べることでも菌を除去することが出来るのだそうです。薬に頼らずに食べ物で除去が出来るのであれば、これに勝るものはありません。また腸内に存在する悪玉菌だけを攻撃して減らし、善玉菌を活性化させ、腸内環境を改善するはたらきがあることが様々な試験結果で出ています。


虫歯予防

腸内環境を整え、ピロリ菌に対しても高い殺菌効果を持つマヌカハニーですが、人体に悪影響をおよぼす細菌はピロリ菌だけではありません。体内には無数の細菌が生息し、個々が様々な作用を持ちながら人の体を作っています。中には人の体に良い効果を持つ菌もありますが、ピロリ菌のように悪い効果を生むものもあります。そうした悪い効果を生む細菌の一つがミュータンス菌になります。細菌の名前で言われても分かりにくいですが、分かりやすく言えば、虫歯菌と言われるものです。口の中で繁殖し、歯を破壊し続けることで知られている虫歯菌も細菌の一つです。この虫歯菌に対してもマヌカハニーが大きな効果をもたらすのです。高い殺菌効果が期待できるので、マヌカハニーを食べることで虫歯の進行を抑えたり、虫歯の予防を行う事も出来ると言われています。




sponsored link

sponsored link