マヌカハニーはニュージーランド産


マヌカハニーはニュージーランド産

蜂蜜といえば、高い殺菌作用を持ち、抗菌性に優れ、栄養価も高い優れた食品として古くから愛用されています。最近では乳幼児に蜂蜜を与えることは危険と言われていますが、ある程度の免疫力を持つほどに成長していれば、非常に優れた食品になります。

それほどに優れた食品ですが、中でも特に素晴らしい効果を持っているのがマヌカハニーと呼ばれる蜂蜜です。このハチミツはニュージーランドだけに自生しているマヌカの花蜜を使って作られるもので、世界中を探しても、ニュージーランドでしか取ることができないと言われています。マヌカの樹は先住民のマオリ族から「復活の木」や「癒しの木」と呼ばれていました。

他の蜂蜜とマヌカハニーの違いは、その優れた抗菌作用に尽きると言ってよいでしょう。本来、蜂蜜は生物の体内に入った時点で抗菌性や殺菌性が失われてしまいますが、マヌカハニーの場合は生物の体内に入っても効果を失うことなく、高い殺菌性や抗菌性を維持し続けることが分かっています。そのため、ニュージーランド産のマヌカハニーは奇跡の蜂蜜と言われ、地元では「蜂蜜の王様」とも呼ばれて、今、最も注目されている食品の一つでもあります。

これを食べれば、肉体の免疫力が強化され、病気の予防などに大きな効果が期待できるそうです。風邪やピロリ菌のような体内で増殖する細菌に対しても効果があるそうですから、食中毒を含むあらゆる病気から身を守ることも出来るかもしれません。

ニュージーランドのカヌカハニーとは?

ニュージーランドにはマヌカハニーに名前が良く似たカヌカハニーという蜂蜜があります。
マヌカとカヌカは同じフトモモ科の樹ですが、大きさや花の咲かせ方に違いがあります。

そして一番の違いはカヌカハニーにはマヌカハニーのような優れた抗菌作用が無いことです。名前が似ていてもカヌカハニーにはマヌカハニーに期待する効果は無いので注意しましょう。




sponsored link

sponsored link